サイトマップ
新潟銘茶浅川園 > 浅川園を語る

26歳で飛び込んだ茶業の道

浅川園 創設者 浅川 晟一
26歳で飛び込んだ茶業の道
浅川園 創設者 浅川 晟一
浅川園 創設者
浅川 晟一

 『大学は出たけれど』なんていう映画、もうご存じの方はあまりいらっしゃらないでしょうね。私が早稲田大学専門部政治経済科を卒業しましたのが昭和2年。ところがその年、1000人くらいの卒業生のうち、300人しか仕事に就けないほどの就職難でしてね。そんな世相を映画にしたのが『大学は出たけれど』でした。
  私は山梨県東八代郡の生まれでしたから、やむなく故郷に戻り、甲府の山梨実践女学校の運営のお手伝いをしていました。それがきっかけで仙台の茶店「仙台繁田園」の井ケ田社長と出会うことになるんですが、その先進的な経営手腕に感銘を受けましてね。昭和6年、仙台繁田園に入店、茶業人としてスタートをきることになりました。


味覚鍛錬と行商に明け暮れた修行時代
古町本店 二階 喫茶やすらぎ
古町本店 二階
喫茶やすらぎ

 入店してすぐ、埼玉県入間市にある繁田園本店に住込み見習いをすることになりました。そこで茶の手もみ、機械製の勉強をしながら、各名産地のお茶を実際に飲み味わいを覚えたり、全国の銘菓を詳しく教えてもらうなどしました。
  埼玉で1か月半の修行を終えたのち、仙台では三陸沿岸を行商して回りました。外交販売については全く経験がないので、富山の配置薬をヒントに軒から軒へ訪問、お茶とサービスの急須を置いてもらい、ひと月後に再び訪ねます。当時は1斤(600グラム)80銭、1円のお茶が売れていましたね。そこで「50円売れたら次の町」というように決め、1日朝から暗くなるまで一生懸命売って歩いたものです。
  行商で一番印象に残っているのは釜石の理髪店ですね。ここは私が訪ねると、お茶好きのおかみさんが近所の愛好家を集めては紹介してくれたものです。また出張中ですから旅館に泊まらなければなりませんが、おかみさんが「宿代は高くつくから」と素人下宿を世話してくださったりして、厚い人情に触れることができました。次の訪問地、大槌でも、「お茶屋さん、まだ来ないかね」と定宿に問い合わせてくれる人がたくさんいて、商売の楽しさを実感するとともに“人の心もち”を学ばせていただきましたね。

夫婦二人三脚で苦境を乗り越える
昭和25年、古町7番町の店舗にて
昭和25年、古町7番町の店舗にて

 昭和11年、大病したのをきっかけに仙台繁田園を辞め、独立することになりました。昭和9年には結婚をしておりましたので、家内とふたりでの再出発です。全国的にみてどこが適地かと群馬や長野、新潟、福島と、候補地を転々と見て回りましたが、当時、日本の国策として東京・新潟・満州ルートの開発が練られており、新潟は必ず発展するだろうとにらんで新潟に決めました。
  たまたま中心地の古町九番町に貸し店舗が空いていて、そこに入りました。当時のお金で20円が1か月の生活費。節約のために引いてあったガスを止め、3 寸の練炭コンロでご飯を炊き、お湯をわかし、そのうえコタツ代わりにもしたものです。家内は留守番をしながらお茶の袋詰めをし、私は古自転車を買って行商に行きました。
 店売りは1日1円売れれば上等でした。新しい茶屋ですから、お客様は試しで10銭も買っていかれればいいほうです。戸口で物音がするのでお客様かと思い「いらっしゃいませ」と声をかけると、新聞屋さんがバサッと新聞を放り込んで行ったり……。お客様が一人もいらっしゃらない日が月に1週間くらいあって、その頃はとにかく辛かったですね。

昭和33年、新茶の季節の古町本店
昭和33年、新茶の季節の古町本店
  店の売り上げは期待できないので、私はまだ舗装されていないガタガタ道を内野や巻、寺泊、出雲崎まで、自転車に乗ってズーッと行商です。それでも1日30 円しか売れません。がっかりして宿へ帰り、服を着替える気力もなく眠りにつくような日々でした。
  そんな状態で私はほとんど店にいませんでしたから、「今度新しくできたお茶屋は、未亡人がやっているのか」と噂を立てられたほどでした。

お客様に教えられ、商売の道を知る

その後、厳しい戦火のもと徴用され一時休業しましたが、終戦直後から茶業に励むことができました。
  戦前に、なんとか滞らず問屋さんに支払いを続けてきたことで信用を得て、物不足の時も産地(静岡)から良品を仕入れることができました。しかし戦後の混乱期にあって、当時のお金で85万円ぶんものお茶をだまし取られるような目にもあいましてね。そんな経験から「適正利潤をいただいて小売りすることが商売の常道」と教えられ、以後は店舗販売を中心に展開しております。
  開業当初から当店一筋でお茶をお求めくださっているお客様もあり、これは大変ありがたいことですね。本当にお茶がお好きで飲み分けられる方は100人のうち5人ほどと思われますが、ではその5人の方に、いかに浅川園のファンになっていただくか、以前、釜石で「芽茶」が人気だったことを思い出し、出雲崎の行商先で芽茶を紹介したところ、とてもおいしいと喜んでいただきました。でも、芽茶は希少でなかなかお客様にご提供できない商品です。そこで静岡産の上級茶を芽茶のように細かく切断し、強い火入れをしてみたらどうかと考案し、“特製芽茶”という名前で売り出しました。それがたいへん好評を得て、「とくめ」という商品名で今では浅川園の大切な看板商品となっています。商売は儲けより、いいものを提供してお客様に認めてもらうほうが大事だということを、その時お客様から教えていただいたのです。
  以来、商売はお客様が教えてくださるもの、育ててくださるもの、そして「正直に、いいものをご提供する」という考えで従事しております。

「お茶の正しいあり方」と向き合う

浅川園 代表取締役社長 古舘 邦彦
「お茶の正しいあり方」と向き合う
浅川園 代表取締役社長 古舘 邦彦
浅川園 代表取締役社長
古舘 邦彦

 ここ数年、浅川園で「とくめ」と人気を二分している商品が、無農薬・有機栽培茶の「ゆうき」です。
  今から10年ほど前、あるゼミナールに参加して「損得より先に善悪を考えよう」「本物の時代がくる」というお話を聞きました。その言葉に「お茶の正しいあり方とは、どういうことだろうか」と改めて考えさせられたのです。お茶は毎日飲むもので健康にいいと言われていながら、農薬や化学肥料をたくさん使って作られています。そういう、体にいい影響を与えないといわれるものを平気で販売することは、正しいことではありません。
  そこで無農薬・有機栽培のお茶はできるのかと、取引先の問屋さんや各地の農協に問い合わせたところ、「今の日本で農薬を使わない農業はできませんよ」と言われました。でも鹿児島、福岡、三重、静岡と、茶の産地を回って歩いてみると、数人ではありますが、実際に無農薬・有機栽培でお茶づくりに励んでいる生産農家がいらしたのです。
  わずか10年前のことですが、そういう生産者の皆さんは周囲から“変わり者”扱いで、精神的にも辛い思いをされていました。そんなところへ見知らぬ商人がパッと行ってお願いしても、すぐにお茶を売ってくれるわけもありません。「今年のぶんは、ひとっ葉もありません」とすげなく断られましたが、何といっても、生産農家の方は皆、いい顔をしているのです。「この人たちの作ったお茶なら、必ずやお客様に気に入っていただける」と、私も信念をもって2年、3年とお願いをしに産地へ通いました。

有機JAS法の施行で、 より確かさのある商品に

無農薬・有機栽培生産者の茶畑にて
無農薬・有機栽培生産者の茶畑にて
   3年目にようやく私の気持ちが伝わり、浅川園に無農薬・有機栽培のお茶を収めてもらえるようになりました。今では全国で6名の生産者が、浅川園専用に安全・安心なおいしいお茶をつくってくれています。
  私自身、数年前から無農薬で自給自足の生活をしていますが、農薬を使わない栽培というのは米でも野菜でも大変な手間と苦労があります。そういうことからお客様も「無農薬・有機栽培のお茶は手間賃が高い」と思っておられるようですが、実は農薬や化学肥料代金を考えれば、同じ程度の価格なのです。
  この春、有機JAS法が施行され、浅川園の契約農家の方々がいち早く有機食品の認定を受けました。そしてまた安全・安心なお茶づくりに誇りを持った跡取りが、それぞれの農家を心強く支えている・そういう喜びを作り手とともにわかちあえるのは嬉しいですし、これが本当の商売かなとも思っております。
  無農薬・有機栽培のお茶はやっぱりおいしいと評判ですね。60代以上のお客様からよく「懐かしい味がする」とご感想をいただきます。これからもっと産地や種類も増えていく予定ですので、それぞれの味をぜひご堪能いただければと思います。

新潟銘茶浅川園ブログ 浅川園フリーペーパー「ちゃば」facebookページ

新着情報

17/08/28
ありがとうのお茶販売開始
敬老の日おじいちゃんおばあちゃんに贈りましょう。他にもちょっとしたご挨拶、お礼にも使えます。お手頃価格。
17/08/18
和の紅茶入りました
国産紅茶販売開始しました。産地別4種類ございます。飲み比べてお好みを見つけてください。
17/06/16
お待たせいたしました。玉露芽茶入りました。
大変長らくお待たせいたしました。玉露芽入荷いたしました。
17/06/08
お待たせしました。新茶入荷いたしました。
いい葉にほ。八女、静岡、もっといい葉にほ。八女、静岡、むらかみ赤、新茶になりました。大変遅くなりました。今年は気温が低く生育が遅れた影響で新茶の入荷が遅れました。申し訳ございませんでした。
17/05/26
2017新茶入荷しております。
お待たせしました。今年の新茶ぞくぞくと入荷しています。全地域的に例年より10日ほど遅れています。気温の低下のせいです。
緑茶・お茶通販の新潟銘茶【浅川園】決済方法
緑茶・お茶通販の新潟銘茶【浅川園】ページトップへ

お支払いについて

お支払い方法は、代金引換・クレジット・コンビニ・銀行振込の中からお選びいただけます。
(ご利用いただけるクレジットはNicos、VISA、JCB、Master)
クレジット

送料・発送について

お買上げ金額5,400円(税込・送料別)以上は送料無料です。

送料はお届け地域により異なります。
詳しくはお支払い・送料をご確認ください。
代金引換の手数料はお客様負担で324円になります。

返品交換について

不良品、返品につきましては、ご連絡無く返送されましても対応いたしかねる場合がありますので商品返送の際には事前に弊社お問い合わせサポートまで速やかにご連絡ください。
お客様と返品・交換・返金などご相談にて決めさせていただきます。 <不良品> 商品到着後8日以内にご連絡いただいた場合に限り、返品・交換対応いたします。
その場合の送料・手数料等は弊社が負担いたします。 <品違い> 商品到着後8日以内にご連絡いただいた場合に限り、返品・交換対応いたします。
その場合の送料・手数料等は弊社が負担いたします。 <返品> お客様都合による返品は、未開封・未使用であり、商品到着後8日以内にご連絡いただいた場合に限り、対応いたします。その場合の送料・手数料等はお客様にご負担いただくこととなります。 <交換> 不良品・品間違いで同一商品との交換の場合は、対応いたします。良品との交換対応もしくはご希望により代金返還致します。別商品との交換は承っておりませんのでご了承ください。